<< ダライラマ法王さま | main | 解散のバンザイ >>

いよいよ解散総選挙

0
    昨日の党首討論で、野田総理は16日に解散することを表明した。私も唐突だったから驚いた。しかし、大将が決断したことだから、しっかり受け止めて戦う覚悟だ。

    前回選挙から3年余り、その間、日本の政治は大きく信頼を失った。民主党の政策の迷走と内部抗争、自民党の抵抗一辺倒のビジョン不足、訳の分からない第3極、意味不明な維新と公明の連携、みんな保身と自分勝手な行動だと写っているし、それはその通りである。何も決められない政治はそこに原因がある。
    だから、野田総理が特例公債法を決める国会内のルール作り、国会議員の定数削減を安倍自民党に求めて解散を決断したことは、国益を優先した立派な態度だと思っている。何故なら、特例公債も国会議員削減も、民主党にとってはマイナスの選択だからだ。次の選挙を経て自民党政権になってもネジレ国会は変わらないことを考えれば、与党の足をひっ張る強力な武器を自ら手放すこととだし、衆議院の定数削減も新制度では民主党は必ず議席数を減らす提案をしているからである。これは党利党略よりも国の将来を優先した選択にほかならない。

    「決めれる政治への転換」、これが野田総理の思いつめた覚悟だろう。私も共通認識を持っているし、私の「国益第一」に通じるものである。
    この選挙、私の政治理念と政策を訴えて正々堂々と戦うのみである。


    コメント
    11/16インドからの訪問者対応は?対中国政策で来ていただくのでは?何か私は誤解してますか?
    • 佐藤忠
    • 2012/11/18 2:04 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    selected entries
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM