<< 私はそれでも民主党で戦う | main | 鳩ポッポ‥ >>

自民党は何者?

0
    13444284845360.jpg
    今日、両院議員総会が開かれ、野田総理から党首会談の内容について我々に報告があった。それによると、自民党は本国会で解散を確約しないと消費税を含む3党合意の破棄を辞さないというかたくなな態度だが、「総理が解散日を明示することはいかなる事態になってもしてはいけないことだ」ということだった。これは政治の基本として当たり前のことである。解散権は過去から総理にしか与えられていない「最大の政治決断」なのだ。それに干渉することは、人の懐に手を突っ込む盗人よりも程度が低い。

    それにしても、このゴタゴタで自民党の本性が表れたような気がする。解散のためなら公党同士の合意も平気で破棄しようとするし、消費税以外に残っている重要法案もどうでもいいということだ。国民生活や国益には全く興味がなく、とにかく解散だけが目的である集団ということがよく分かった。
    しかも、マスコミ報道によると、自民党が急に強硬姿勢に転換したのは、小泉信次郎氏が谷垣総裁に進言したからという。1人の1回生議員から催られて方針転換するのなら、総裁を交代したほうがいいのではないか。

    いずれ「近いうちに」国民の審判を仰ぐ日がくる。民主党には厳しい試練となるのは間違いないけれど、それに代わりうる政党が野党第1党でないことは、国民にとって最大の不幸である。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    selected entries
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM