<< 民主党の再生を始めよう | main | 自民党は何者? >>

私はそれでも民主党で戦う

0
    最近、週末には地元の各地でオープンな国政報告会を開催している。そのとき、私の次の選挙のことを心配して、「向山さん、民主党から出ないほうが絶対いいよ」と進言してくれる方々がおられる。私も最前線で活動しているから、そのことは肌で感じている。私の将来を慮って言ってくれることは本当にありがたいが、私にその選択肢は100%ない。
    その理由は、これだけ民主党が国民の信頼を失った責任は幹部だけのものではない。チーム民主党低迷の責任は、全員か負わなければいけないと思っているからだ。責任を他人に押し付ける態度は、国民を代表た政治家がとるべきものではない。自分達が撒いた種は自分で刈り取るしかないのである。私は、次の選挙はその十字架を背負って堂々と戦う。

    消費税増税に反対して民主党を離党した仲間がこれまで60人いる。今日も参議院で3人が離党した。民主党が変質したと主張しているが、全員がその看板を背負って選挙に勝利したことをどう思っているのだろうか。選挙民に向かってその反省の弁を述べた人は一人もいない。本当に自分勝手としかいいようがない。

    先週、離党組による新党「国民の生活が第一」が結成された。やはり、「自分の生活が第一」が根底に流れていることを自ら宣言している。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    selected entries
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM