<< 関電の原発が全部止まった | main | 硫黄島慰霊祭に参加して >>

あの日から1 年、嗚呼日本人!

0
    今日、あの日から1年が経過した。日本中の国民が心を痛め世界中の人々が驚愕したあの日、あらためて心を痛めている。午後2時46分、地元の追悼集会で黙祷を捧げた瞬間、涙が止まらない。多くの人が同じ心になり、東北へエールを送ったに違いない。
    尊い命を一瞬に奪った大震災、私は2度経験した。17年前の阪神淡路大震災は自ら被災した。それだけに、私は政府主催の追悼式ではなく地元の集会を選んだのである。
    同じ被災者だから分かること、一言で復興といっても簡単なものではない。だから、「復興が遅れている。政府は何をやっているんだ!」と第三者的に叫ぶマスコミや評論家に腹が立つときがある。失われたものは家や職場だけではないのである。それなりに時間が必要なのだ。
     
    東日本大震災で、マスコミでは余り報道されていない世界を驚嘆させたもう1つの事実がある。それは、津波で流された金庫6,700個(金額23億円)、拾われた財布や現金19億円、が警察に届けられたという事実である。日本人しかもっていない崇高な精神、誇りに思う。私達は、これまでも厳しい局面になればなるほど他人を思いやり、助け合い、その苦難を乗り越えてきた。
    もう一度、心を1つにして立ち上がろう!

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    selected entries
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM