<< なぜ協議をしないのだろう? | main | 船中八策? >>

カジノ解禁が始動

0
    昨日、与党内閣部門会議でカジノ解禁を含む「特定複合観光施設推進法案」の事前審査が行われた。
    私も役員として参画している「カジノ議員連盟」(正式には統合型リゾート議員連盟)から法案内容の説明があり、基本的には了承された。
    この法案は、国際会議、研修会、ショッピング、劇場などの統合型の観光施設をいたって限定して整備し、その中にカジノを認めるというものである。これは、私が神戸市会議員のときからことある度にその必要性を訴えてきたことであるから、やっとここまで来たのかと感慨深い。
    カジノといえば、教育に悪いとかギャンブル依存が社会の荒廃を招くとが、ネガティブばかり言われてきたが、そのおかげでシンガポールやマカオなんかに収益を吸いとられ、いつも負け続けている日本を見るのが辛かった。
    カジノは法律をしっかり作れば絶対にコントロールできる。収益を年金財源に当てればお年寄りもハッピーだ。
    なにがなんでも成立させて、新たな成長、観光ブレイクスルーを果たしたい。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    selected entries
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM