<< 尖閣は雄大だった | main | カジノ解禁が始動 >>

なぜ協議をしないのだろう?

0
    今日、衆議院で野田総理の施政方針演説に対する各党の代表質疑が行われた。
    先頭バッターは自民党・谷垣総裁、やはり最大の論点は消費税。まあ、そこまではいいのだが、消費税を上げるべきかどうかという議論なら分かるが、そうじゃなくて公約違反かどうかの一点張り。
    そりゃ、政治家の羊蹄は公約を守ることだから大切なことには間違いない。だけど、マニフェストに書いてないことをやるのはおかしいとか、任期中には引き上げないから公約違反じゃないとか、本来やるべき論戦にならなかったことは寂しい限りだ。
    民主党が2009マニフェストを守っていないことは事実。申し訳ない限りで率直にお詫びしたい。政権を変えたい一心に理想を追いすぎた。だけど、現状できないマニフェストを約束だからと無理じいすることは国民のためにならない。逆にマニフェストに書いてないことでも国民のために必要なことはやるべきだと思う。
    自民党はマニフェストに消費税10%を明記している。日本の現状と将来を見据えて書いたはずだ。それなのに、国会で消費税改革や年金ビジョンに言及したことが一度もない。無責任のそしりは免れない。
    せめて協議に応じるくらいの真面目さがなければ、国民も政権を任せてみようとは思わないのではないか。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    selected entries
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM